ここから本文です

隠岐の海 2横綱3大関を破る快挙! 豪栄道も6連勝で17日直接対決

スポニチアネックス 9月16日(金)17時58分配信

 ◇大相撲秋場所6日目(2016年9月16日 東京・両国国技館)

 大相撲秋場所6日目は16日、東京・両国国技館で行われ、2横綱2大関を破り5連勝中の平幕・隠岐の海はこの日も大関に土を付け6連勝。大関以上で唯一無敗の豪栄道も6連勝。17日は全勝同士の両者の取組が行われる。

【写真】高安を寄り切る豪栄道

 初日から大関以上に4連勝と勢いに乗る隠岐の海は、大関・琴奨菊との取組。土俵際でも粘り強く耐え抜き、小手投げでまたも格上相手に白星。2横綱3大関を破る6連勝を飾った。

 取組後には「勝ち越しまでもう少しなので、一番一番頑張ります」と早くも次戦を見据え、連日の快挙にも「余裕はないです。反省して次につなげたい」とあくまで謙虚だった。

 カド番から優勝を目指す豪栄道は、高安との取組。突っ張りが応酬する激しい相撲となるも、寄り切りで6連勝を守った。17日に隠岐の海との取組が行われ、全勝同士の直接対決となる。

 綱獲りへ負けられない大関・稀勢の里は、正代との取組。立ち合いから指し手争いを制し寄り切りで4勝2敗とした。

 2場所連続優勝を目指す横綱・日馬富士は、平幕・貴ノ岩に格の違いを見せつけ押し倒しで5勝1敗。3勝2敗の横綱・鶴竜は魁聖を退け上手ひねりで4勝2敗とした。

最終更新:9月16日(金)18時49分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]