ここから本文です

菜七子、名古屋競馬へ初参戦…宮下、木之前の女性騎手3人で対決も

スポーツ報知 9月16日(金)13時3分配信

 藤田菜七子騎手(19)=美浦・根本厩舎=が名古屋競馬に初参戦することが決まった。21日の指定交流競走のヴェスタ賞(ダート1400メートル)で、カジノクイーン(牝3歳、美浦・中野厩舎)に騎乗する。騎乗予定だったサンレイフローラ(牝3歳、栗東・西橋厩舎)は抽選の結果、出走枠から漏れたが、新たにカジノクイーンの騎乗依頼が来て、参戦することになった。3月のデビュー以来、地方競馬での騎乗は10場目となる。

 名古屋競馬には8月に現役復帰を果たした宮下瞳騎手(39)と、若手女性騎手として人気を集める木之前葵騎手(23)が所属。女性騎手3人が対決する可能性もありそうだ。

 藤田騎手は「乗せて下さったオーナーや(中野)先生に感謝しています。(両騎手と)一緒のレースで騎乗できたらうれしいですね。いろいろとお話して、勉強させてもらえたらと思います」と心待ち。中野調教師も「競演で競馬が盛り上がったらいいね」とエールを送った。

最終更新:9月16日(金)13時3分

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。