ここから本文です

パラ日本勢躍進!メダルは前回ロンドン超え19個…あとは待望の「金」

スポーツ報知 9月16日(金)14時33分配信

 リオデジャネイロ・パラリンピックは大会9日目を終え、銀メダル1個(陸上男子1500メートル車いす・佐藤友祈)、銅メダル2個(競泳男子100メートル自由形・木村敬一、車いすテニス男子ダブルス・国枝慎吾&斎田悟司)を獲得。銀8、銅11の合計メダル数を19個とし、前回ロンドン大会の16個(金5、銀5、銅6)を上回った。

 ボッチャ日本代表が初めての銀メダルを獲得。夏季パラ初出場の自転車・鹿沼由理恵も銀。初出場勢では陸上女子・辻沙絵が銅メダル、柔道女子・広瀬順子も銅を獲得している。

 ただ、今大会は目標「金メダル10個」としていたが、金メダルはいまだ1つも取れていない。まだ競技はマラソンなど4日あり、日本勢のさらなる活躍に期待したい。

最終更新:9月16日(金)14時35分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]