ここから本文です

<辺野古訴訟>翁長沖縄知事「到底受け入れられない」

毎日新聞 9月16日(金)23時34分配信

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設を巡る初の司法判断は、福岡高裁那覇支部が県側の主張を全面的に退けた。

 沖縄県の翁長雄志知事は16日夕、敗訴を受けて県庁で記者会見し、「判決は『辺野古が唯一』との国の主張を追認するかのような内容で、沖縄県民の気持ちを踏みにじる、あまりにも国に偏った判断だ。到底受け入れられない」と強く批判した。

 そのうえで「裁判所には法の番人としての役割を期待したが、政府の追認機関であることが明らかとなった。沖縄県だけの問題にとどまらず、日本の地方自治、民主主義の在り方に困難をもたらす」と述べた。【佐藤敬一】

最終更新:9月17日(土)0時0分

毎日新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。