ここから本文です

隠岐の海、琴奨菊破り6連勝 稀勢の里4勝 秋場所

日刊スポーツ 9月16日(金)18時39分配信

<大相撲秋場所>◇6日目◇16日◇東京・両国国技館

 台風の目になっている前頭筆頭隠岐の海(31=八角)が、かど番の大関琴奨菊(32=佐渡ケ嶽)も倒して連勝を6に伸ばした。

 がぶり寄られて土俵際まで追い詰められたが、左へ回り込んで残すと右から逆転の小手投げを決めた。これで2横綱3大関撃破となった。7日目は、残る大関豪栄道と全勝対決を迎える。琴奨菊は2敗となった。

 綱とりを目指す大関稀勢の里(30=田子ノ浦)は前頭2枚目正代(24=時津風)を得意の左四つに組み止めて寄り切り、4勝2敗とした。

 2連覇を狙う横綱日馬富士(32=伊勢ケ浜)は前頭3枚目貴ノ岩(26=貴乃花)を危なげなく押し倒して5勝目を挙げた。横綱鶴竜(31=井筒)は小結魁聖(29=友綱)を左からの上手ひねりで下し、4勝2敗とした。

 かど番の豪栄道は新関脇高安(26=田子ノ浦)との激しい押し相撲の後、右を差して寄り切った。大関照ノ富士(24=伊勢ケ浜)は前頭2枚目栃ノ心(28=春日野)の上手を切り、左からの上手投げで4勝目を挙げた。

 人気力士の前頭14枚目遠藤(25=追手風)は同9枚目豪風(37=尾車)を右から突き落として4連勝をマークし、5勝1敗とした。

 6日目を終わって勝ちっ放しは豪栄道、隠岐の海の2人、1敗で日馬富士、遠藤、前頭15枚目旭秀鵬(28=友綱)の3人が追っている。

 十両では、連勝スタートの筆頭宇良(24=木瀬)が6枚目大輝(24=八角)に押し出されて4連敗を喫した。

最終更新:9月16日(金)20時43分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。