ここから本文です

くまモン、振分親方に寄り切られる…特製化粧まわしで国技館登場も 

スポーツ報知 9月16日(金)15時4分配信

 熊本県のPRキャラクター・くまモンが16日、大相撲秋場所を開催中の東京・両国国技館で出店中の「東北・熊本復興売店」の応援に駆けつけた。この日、国技館正面に「熊本応援ステージ」が設置され、元小結・高見盛の振分親方らと復興が進む熊本県をアピールした。

 くまモンは「熊本」と記され、横綱をあしらった特製化粧まわしを着けて登場。一緒に来場した農林水産省フード・アクションニッポンの公式キャラの「こくさん」、相撲協会の公式マスコット・ひよの山の“ゆるキャラ同士”が相撲を取る姿に触発され、自らも志願。指名した相手は振分親方だった。

 全国的な人気を誇るくまモンからの“ご指名”に、親方も即座に反応。メガネを外し、現役時代に館内を沸かせた気合注入のパフォーマンスで仕切ると必殺の右差しで一気に寄り切った。「相撲を取るなら気合を入れなきゃいけない。くまモンが相手なら人類代表のつもりでやった。結構、重たかったです」とドヤ顔。

 あまりに大人げない取り口だが、くまモンは振分親方から「悔しい部分が見えますね」と突っ込まれるなど勝負の厳しさを実感? していた。

最終更新:9月16日(金)15時4分

スポーツ報知

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。