ここから本文です

昨年の2歳王者リオンディーズ、屈腱炎発症

スポーツ報知 9月16日(金)15時11分配信

 15年の朝日杯FSを制したリオンディーズ(牡3歳、栗東・角居厩舎)が左前の繋ぎ部分に浅屈腱炎を発症したことが16日、同馬が所属するキャロットクラブの公式HPで発表された。

 HPによると、秋初戦の神戸新聞杯(25日、阪神)に向けて、14日に1週前追い切りを行ったあと、翌15日午後に左前脚に熱感があり、検査を行ったところ、屈腱炎が判明した。今後は北海道安平町のノーザンファームへ放牧に出る。同所で詳しい検査を行い、今後の方針について検討する。

 同馬は今年、報知杯弥生賞でマカヒキの2着に入ったが、皐月賞(4位入線も降着)、日本ダービーともに5着とクラシック制覇はならなかった。春の雪辱を目指し、神戸新聞杯から始動して、天皇賞・秋(10月30日、東京)に向かう予定だった。

最終更新:9月16日(金)15時11分

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ