ここから本文です

エイシンヒカリが世界2位に後退…LWBRR発表

スポーツ報知 9月16日(金)17時37分配信

 IFHA(国際競馬統括機関連盟)は16日、ロンジンワールドベストレースホースランキング(LWBRR)を発表した。対象は今年1月1日から9月11日までに施行された世界の主要レースで、1位は133ポンドのカリフォルニアクローム(米国)だった。前回までランキングトップだったエイシンヒカリは129ポンドで、新たにランキング入りしたアロゲート(米G1トラヴァーズSを圧勝)と並ぶ2位に後退した。

 カリフォルニアクロームは14年の米国2冠馬で同年の年度代表馬。今年はドバイワールドCを制し、8月20日のパシフィッククラシックS(米デルマー競馬場)を5馬身差で圧勝して、前回から5ポンド評価を上げて、トップに立った。日本調教馬では7位タイ(124ポンド)にモーリス、22位タイ(121ポンド)にマカヒキとドゥラメンテ、31位タイ(120ポンド)にサトノダイヤモンドが入っている。また、今年のフランスダービー馬で愛チャンピオンSを快勝したアルマンゾルは127ポンドで4位タイとなっている。

最終更新:9月16日(金)18時7分

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ