ここから本文です

マツダ社員寮で19歳男性死亡=殺人容疑で捜査―広島県警

時事通信 9月16日(金)20時30分配信

 14日午後4時15分ごろ、広島市南区向洋大原町のマツダ社員寮で、この寮に住む男性が頭などから血を流して倒れているのを、同じ寮に住む男性が発見し、寮関係者が110番した。

 男性は病院に搬送されたが、死亡が確認された。広島県警は16日、身元をマツダ社員の菅野恭平さん(19)と確認。殺人事件と断定し、広島南署に捜査本部を設置した。

 県警捜査1課によると、菅野さんは寮の非常階段2階の踊り場であおむけに倒れた状態で見つかり、頭と顔に数回殴られた痕があった。司法解剖の結果、死因は失血死と判明。目立った着衣の乱れはなく、踊り場付近には本人の物とみられる手提げバッグが落ちていた。事件に遭った当時、夜勤明けだった。 

最終更新:9月16日(金)21時58分

時事通信

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。