ここから本文です

【巨人】村田、2年ぶり20号&1年ぶり1試合4打点「この調子で最後まで」

スポーツ報知 9月16日(金)21時36分配信

◆巨人6―4ヤクルト(16日・東京ドーム)

 巨人は1点を追う1回1死二、三塁で、村田が2年ぶりの20号到達となる3ランを放った。左翼席に突き刺さった逆転&決勝となる一打に村田は「暴投で二、三塁になったし、早い回で同点に追いつきたいな…と。反対方向を狙っていたんですけれど、うまく変化球が引っかかったかなという感じです」と振り返った。

 2年ぶりの20号到達に「昔ほどは本塁打が打てなくなってきましたし、今年は(打)率にこだわってここまでずっとがんばってきたんで、それでも20本打てて良かったと思いますし、この調子で最後までいけるようがんばりたいと思います」と喜んだ。

 この日は5回にも適時打を放ち、昨年8月18日の阪神戦(東京ドーム)で5打点を挙げて以来となる自身1試合4打点となった。「今年、最初からやってきたことを最後まで続けていい1年にした」と誓っていた。

 村田の活躍に高橋監督は「いい打撃をしたと思いますし、まだまだ打って欲しいなと思います」と話していた。

最終更新:9月16日(金)22時36分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。