ここから本文です

【MLB】オリオールズ、反撃及ばず首位から2ゲーム差へ後退

ISM 9月16日(金)15時24分配信

 ボルティモア・オリオールズは現地15日、地元でタンパベイ・レイズと対戦。レイズの主砲エバン・ロンゴリア三塁手に5打点の活躍を許し、6対7で競り負けた。これでア・リーグ東地区首位のボストン・レッドソックスとの差は2ゲームに広がっている。

 オリオールズは1点を追う9回裏に1死一、三塁のチャンスを作ったが、ア・リーグ本塁打トップの指名打者マーク・トランボ、さらにクリス・デービス一塁手が連続三振に倒れて万事休した。

 この試合では得点圏に走者を置いて15打数3安打と、あと1本が出なかったオリオールズ。マット・ウィータース捕手は「厳しい負けだ。反撃できたし、最後もチャンスがあったのに」と嘆いていた。(STATS-AP)

最終更新:9月16日(金)15時24分

ISM

スポーツナビ 野球情報