ここから本文です

野村敏京、初の5大メジャー全試合での予選通過を確実に…通算5アンダー

スポーツ報知 9月17日(土)6時4分配信

◆米女子プロゴルフツアー メジャー最終戦 エビアン選手権第2日(16日、フランス・エビアンリゾートGC、6482ヤード、パー71)

 今季男女通じて最後となる海外メジャーの第2ラウンド(R)が行われ、首位と5打差の8位で出た今季米ツアー2勝の野村敏京(23)=フリー=が3バーディー、1ボギーの69で回り、通算5アンダーに伸ばした。39位で出た横峯さくら(30)=エプソン=は2バーディー、6ボギーの75で4オーバー。ホールアウトした中ではフォン・シャンシャン(27)=中国=と朴城ヒョン(22)=韓国=が11アンダーで首位。

 野村は早朝のスタートで強い雨にたたられた。出だしの10番、第1打が木の後ろに入るトラブルでボギーとなったが、そこから根気よくパーを拾った。「急に雨が降ったり、寒くなったり。グリーンも切れたり、切れなかったり」。最終9番でバーディーを奪い「我慢して結局バーディーで終わったので気持ちよかった」と笑った。

 4位に入ったリオ五輪後、カナダ太平洋女子オープンに出場。その翌週には韓国で試合に出たが途中棄権した。関係者によると疲労の蓄積が原因。今大会前には「時差もあり、正直、今も少し疲れはある」と語っていたが、本番では日本女子最上位となる世界ランク21位の底力を見せつけた。ホールアウトした選手の中では首位と6打差。「きょうと同じ気持ちでやれれば、いいポジションで終われる」。1977年に全米女子プロを制した樋口久子以来日本人2人目のメジャーVへ可能性を残した。

最終更新:9月17日(土)6時7分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]