ここから本文です

成田美寿々、今季初勝利へ首位発進「集中して7割の力で打ったのが良かった」

スポーツ報知 9月17日(土)6時6分配信

◆女子プロゴルフツアー マンシングウェアレディース東海クラシック第1日(16日、愛知・新南愛知CC美浜C、6397ヤード=パー72)

 今季未勝利の成田美寿々(23)=オンワードホールディングス=が9バーディー、1ボギーの64で回り、韓国の全美貞(33)=眞露=と並んで8アンダーで首位発進した。永峰咲希(21)=ニトリ=と飯島茜(33)=フリー=が、2打差の6アンダー4位。賞金ランクトップの韓国のイ・ボミ(28)=延田グループ=は3アンダー17位につけた。

 11週連続出場となる成田は「めちゃくちゃ疲れている」とため息をつきながらも、今季初の首位発進に「短い時間ギュッと集中して7割の力で打ったのが良かった」と笑顔だった。

 8、10番で5メートル半、17番では6メートルを沈めてバーディーとするなど「パットが面白いように入った」。14日に「変な構えをしてる」と指摘され、「うめえな、と思った」。キム・ハヌルや永峰のパッティングを観察。様々な人のアドバイスも参考に「股関節に体重を乗せて打つ」ことだけに集中して、構えが安定した。

 目標は、昨年優勝した日本、韓国、欧州、豪州のチーム対抗戦「ザ・クイーンズ」(12月2~4日)の代表入り。今大会で優勝すれば代表圏内に浮上する。「明日は今日のスコアを忘れて謙虚に行く。最終日のバックナインで『さっ、行こうか!』というところに持っていきたい」とVシナリオを描いた。(勝田 成紀)

最終更新:9月17日(土)9時33分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]