ここから本文です

三田寛子、離婚「ないです」…夫・橋之助の不倫騒動謝罪

スポーツ報知 9月17日(土)6時4分配信

 女優の三田寛子(50)が16日、都内で取材に応じ、夫で歌舞伎俳優の中村橋之助(51)の不倫騒動について謝罪した。成駒屋の大名跡である8代目・中村芝翫(しかん)襲名を10月に控えた重要な時期のスキャンダルにも、離婚の可能性は「ないです」とキッパリ否定。梨園の妻として、毅然(きぜん)とした態度で「ここからが彼の男としての見せどころ」と襲名の成功を誓った。

 「不徳のいたすところ」を連発した夫の謝罪会見から2日。雨の中、三田は稽古場の玄関前で約6分間、50人ほどの報道陣に対応した。「主人も私も至らぬ点が多々ございまして、芸事以外のことでお騒がせして、深く夫婦で反省しております」と自身の責任も含めて謝罪した。

 報道後、姿を見せたのは初めて。関係者からは「大きなショックを受けている」と伝えられていたが、「私はこの通りいつもと変わらず元気です」と笑顔も見せた。矢継ぎ早の質問にも丁寧に応対し、「『雨降って地固まる』と言っていただけるように、家族5人で、明るく元気で笑顔の絶えない家庭を築き、一生懸命頑張ります」と努めて前向きに語った。最後に離婚の可能性を聞かれると、「ないです」と明るい声で断言した。

 橋之助の芝翫襲名だけでなく、長男の国生(20)が4代目・中村橋之助、次男の宗生(18)が3代目・中村福之助、三男の宜生(よしお、15)が4代目・中村歌之助を継ぎ、史上初の親子4人同時襲名となる。ただでさえ、歌舞伎界にとって襲名は一大事業。それが4人分ともなると裏方全般を取り仕切る妻の苦労は計り知れない。さらに予想外の不祥事にも見舞われ、関係各所へ謝罪に回ったが、一切弱音は吐かなかった。

 時折、アイドル時代と変わらない笑顔で冗談を交え、雰囲気を和ませる場面も。橋之助の近況について「言葉少なく反省している様子です。何の言い訳もないと思います」。夫婦間のわだかまりは解決したようで「ここからが彼の人として、男としての見せどころだと思います」と尻をたたいた。

 友人の薬丸裕英(50)に「いつからこんなできる女になったんだ」と絶賛されるなど報道後の対応が好評だが、「とんでもない。支えてくださる皆さんのおかげです」と感謝も忘れなかった。気持ちを切り替え、襲名の成功に向けて全力を尽くす。

最終更新:9月17日(土)6時4分

スポーツ報知