ここから本文です

ブルー・エンカウント急成長!10月武道館公演、ドラマも盛り上げる!

スポーツ報知 9月17日(土)5時4分配信

 デビュー3年目の4人組バンド「BLUE ENCOUNT(ブルー・エンカウント)」が、日本テレビ系連続ドラマ「THE LAST COP/ラストコップ」(10月8日スタート、土曜・後9時)の主題歌に抜てきされた。新曲「LAST HERO」(11月23日発売)が起用される。

 デビュー直後の昨年1月には「もっと光を」が全国のラジオ35局でパワープレイ(集中オンエア)を獲得し、昨年12月~今年1月には同局で中継された全国高校サッカー選手権大会の応援歌を担当。日本武道館公演(10月9日)も決まり、成長著しい。情熱的なパフォーマンスが持ち味で、ボーカルの田邊駿一(29)がステージで涙する様から“号泣バンド”としても注目を集めている。

 主題歌の作詞作曲は、田邊が手がけた。「ブルエン史上、一番悩みました。だからこそブルエン史上、一番格好いい曲が生まれました。このお話を頂かなかったら、こんな気持ちとは出会えなかった」と楽曲への自信をうかがわせた。

 4人がエンディングを彩る「―ラストコップ」は、ドイツの人気刑事ドラマが原作。昨年6月に同局スペシャルドラマで放送され、1年ぶりに連ドラとして“復活”した。主演の唐沢寿明(53)も、すでに聴いた主題歌に太鼓判。「聞くところどころで、全く曲調の違う爽快なハチャメチャ感が、何が起こるか分からないこのドラマを一層盛り上げてくれそう」と相乗効果に期待を膨らませた。

最終更新:9月17日(土)5時4分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。