ここから本文です

【ソフトバンク】和田で17日M再点灯だ!「死にものぐるいで、勝ちに貪欲にいきたい」

スポーツ報知 9月17日(土)9時1分配信

 ソフトバンク・和田毅投手(35)が、マジック再点灯を懸けて17日のオリックス戦(ヤフオクD)に先発する。当初は14日の楽天戦に投げ、21日からの日本ハム2連戦へ回る予定だったが、雨天中止や左肘の張りの影響で登板日が変更に。16日は本拠地で汗を流し「日本ハムでもオリックスでも、1勝は大事な1勝。死にものぐるいで、勝ちに貪欲にいきたい」と意気込んだ。

 最下位オリックスといえど油断は禁物だ。今季の対戦成績は12勝10敗だが、後半戦に限っていえば2勝8敗。和田自身も9月8日(京セラD)、ルーキーの吉田正に2ランを浴びるなど8回途中4失点で黒星を喫しているだけに「チームもやられているし、倒せば勢いになる」と雪辱を誓う。

 17日に勝ち日本ハムがロッテに敗れると、マジック10が再点灯する。この日、2軍がひと足早くウエスタン・リーグ5連覇を達成。工藤監督は「(水上2軍監督から)『上(1軍)も頑張ってください』と言われたよ」と苦笑いを浮かべつつ、「和田はいつものように投げてもらえば大丈夫」と変わらぬ信頼を寄せた。(福谷 佑介)

最終更新:9月18日(日)2時1分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]