ここから本文です

「ぶっ飛び具合がやばかった」…吉沢亮らの演技が“騒音”化しクレームきていた

オリコン 9月17日(土)11時45分配信

 俳優の吉沢亮(22)が17日、初主演映画『サマーソング』の初日舞台あいさつを都内劇場で行った。立ち見が出るほど大勢の女性ファンが駆けつけ、吉沢が登場すると「お亮」という愛称が飛び交った。

【写真】初日舞台あいさつの模様

 撮影を振り返った中前勇児監督(38)は、吉沢や友人役を演じた浅香航大(24)、赤澤燈(26)らが家の中で盛り上がるシーンで「騒ぎすぎて大家さんからクレームがきて、プロデューサーが謝りに行った」と懺悔。舞台裏を知らなかった3人は驚いていたが、吉沢も「そのシーンのテンションのぶっ飛び具合がやばかった。特に楽しかった」と笑っていた。

 同作は、情熱を傾けていたサーフィンをやめた青年が、友人たちとの旅行を契機に自身を見つめ直す物語。吉沢は「友情っていうと僕は一瞬むず痒い感じがあるけれど、普段意識しなくてもそこに愛があるってすごく温かいと感じてもらえる作品」とアピールした。

 舞台あいさつには主題歌「ヤシの木~Sha la la~」を歌う1 FINGERのイリナ、IMANISHIも出席した。

最終更新:9月17日(土)11時45分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。