ここから本文です

片山萌美、初写真集に自信「100点!」 目標の女優は太地喜和子さん

オリコン 9月19日(月)15時20分配信

 グラビアタレントで女優の片山萌美(25)が19日、都内で1st写真集『人魚』(集英社)発売記念イベントを開催した。片山は「写真集は売れている人が出すというイメージだったのでまだ早いと思った」と話すも、人生初の写真集の出来は100点満点中「100点です!」と自信たっぷりに語った。

【写真】お気に入りはシルエットのショット

 初の写真集では“人魚”をテーマに掲げ、7月に石垣島で撮影。お気に入りのカットも人魚のようなシルエットで「全体の雰囲気もわかるし、シルエットでどんな表情をしているのかわからないのがいい」と説明した。

 これまで片山のグラビアを手がけてきたカメラマン・唐木貴央氏による撮影で、リラックスして臨んだ様子。「自然の表情を出してくれた。私はしっとりとした表情が多いと思われているのですが、笑っている表情もある。いろんな表情が詰まっています」とアピールした。

 将来は「女優で食べていきたい」と夢を語り、目標とする人物は「魅力的」という故・太地喜和子さんを挙げた。「ドラマや映画に出演したい。悪役がやりたいです。危ない人の役でも」と目を輝かせていた。

最終更新:9月19日(月)15時20分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。