ここから本文です

『こち亀』最終話掲載の『ジャンプ』が特別企画を連発 全連載作家が両さん描き下ろし

オリコン 9月17日(土)0時0分配信

 連載40年をもってフィナーレを迎える国民的漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の最終話が掲載された『週刊少年ジャンプ』42号(集英社)が17日、発売された。『こち亀』が巻頭カラーで登場し、伝説の第1話がオールカラーで掲載、とじ込みポスター、特別企画など、「最も発刊巻数が多い単一漫画シリーズ」として、ギネス世界記録(TM)に認定された傑作の幕引きにふさわしい“『こち亀』40周年記念超メモリアル特大号”となっている。

【画像】圧巻…『こち亀』コミック表表紙を200冊全て並べると

 金銀の箔を貼った超豪華仕様の同号では、『こち亀』の花道を飾るべく数多くの記念企画が実現。表紙&中面では全連載作家が執筆した「両津勘吉19変化」をはじめ、巻頭カラーの最終話は20ページ&作者の秋本治氏の「連載終了に寄せたメッセージ」、第1話「始末書の両さんの巻」のオールカラー31ページ掲載、両津勘吉200体集合ポスター&大原部長の大説教ポスター、誌面に隠された「40コの両さんマユゲを探せ」、こち亀ウェア大プレゼントなどを実施する。

 また、44号(10月3日発売)から豪華作家陣によるトリビュート企画「みんなのこち亀」がスタートすることも発表。同号には『僕のヒーローアカデミア』の堀越耕平氏、『斉木楠雄のΨ難』の麻生周一氏、『左門くんはサモナー』の沼駿氏、『トリコ』の島袋光年氏、『食戟のソーマ』の附田祐斗氏の5名が、1ページ漫画を執筆する。

 46号からは“レジェンド作家”による描き下ろし漫画を連続掲載。46号は『べるぜバブ』の田村隆平氏、48号は『磯部磯兵衛物語』の仲間りょう氏、49号は『ニセコイ』の古見直志氏、50号は『SKET DANCE』の篠原健太氏、51号は『ぬらりひょんの孫』の椎橋寛氏、52号は『暗殺教室』の松井優征氏が担当する。さらに、こち亀イヤーを締めくくる52号では「超弩級」の企画が予定されている。

 さらに、『こち亀』連載完結を記念し、iOSとAndroid OS向けに全話を無料で読むことができる『こち亀 無料連載公式アプリ』も17日からサービスを開始。毎日のログインでもらえる50ポイントを消費して1話を読むことができ、アプリ内の動画広告の視聴などで獲得した無料ポイントでその先も読める。また、年代や巻数、キャラ、テーマなど様々なキーワードから読みたい話を検索することもできる。

 最終巻となるコミック200巻も17日に発売されるほか、関連作品として作者の秋本治氏の作品制作に迫るDVD付マンガ講座『ジャンプ流 Vol.18 まるごと秋本治』、アニメや小説など6タイトルがコラボレーションした小説『VS.こち亀 葛飾区亀有公園前派出所ノベライズアンソロジー』なども発売。体感できるイベントとして、JR東日本常磐線緩行線亀有駅のジャック広告(30日まで)や、東京・日本橋高島屋8階ホールで原画や映像などを展示する「連載40週年&コミックス200巻記念 こち亀展 こちら中央区日本橋高島屋内派出所」も開催されている。

最終更新:9月17日(土)0時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。