ここから本文です

本郷奏多、故郷・仙台で撮影のプライベート感満載のカレンダーを発売

デビュー 9/16(金) 17:56配信

 俳優・本郷奏多が、生まれ故郷である仙台で撮影した2017年カレンダー(東京ニュース通信社刊)が、10月20日に発売となる。

【写真】『本郷奏多カレンダー2017in仙台』より。

 盛況のうちに幕を閉じた主演舞台『ダンガンロンパ THE STAGE』に続き、22日からは映画『闇金ウシジマくん 』が公開。また2017年冬公開『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』への出演が控える本郷。カレンダーの発売は昨年に続き2年目。

 ロケ地は生まれ故郷の宮城県・仙台。松島などの全国的にも有名な観光スポットのみならず、宮城県民ならゆかりのある名所でも撮影。幼少期を過ごし、慣れ親しんだ地元での撮影でプライベート感の溢れる写真が出来上がった。

 遊園地では童心に返って大はしゃぎし、川沿いでは浴衣に身を包んで花火を満喫、そして夜は大人っぽい服装で名物料理を味わいながら個室デート…とった様々なシチュエーションでの多彩な表情を楽しめる1冊になっている。

 本郷は「2017年のカレンダーは、カメラマンの小暮和音氏とともに、僕の生まれ故郷である仙台で撮影を行いました。小さいころによく遊んだ近所の公園や仙台の名所など、いろいろなカットがあるのでぜひ楽しみにしていてください!」とメッセージを送っている。

 『本郷奏多カレンダー2017in仙台』は10月20日発売。

◆本郷奏多(ほんごう・かなた)
1990年11月15日生まれ、宮城県出身。蠍座。O型。2002年、映画『リターナー』で俳優デビュー。2005年の『HINOKIO』では初主演を飾る。昨年公開された映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』でアルミン役を好演した他、映画『テニスの王子様』『NANA2』『GANTZ』、ドラマ『アカギ』など大人気漫画の実写化作品に多数出演し注目を集める。

最終更新:9/16(金) 17:57

デビュー

なぜ今? 首相主導の働き方改革