ここから本文です

50TA(狩野英孝)に勝負を挑むアーティストを募集

オリコン 9月16日(金)22時0分配信

 2009年2月に放送されたテレビ朝日系『ロンドンハーツ』のドッキリ企画から誕生した音楽界の革命児・50TA(フィフティーエー/狩野英孝)。現在、金曜日にレギュラー放送されている『金曜★ロンドンハーツ』(後9:00)で、「オレなら50TAに勝てる!」「わたしならもっといい曲を作れる!」というアーティストをプロ・アマ、自薦・他薦は問わず広く募集することになった。

 たった一度きりの“企画モノ”のはずが、その独創的な歌詞やメロディーが大人から子どもまで幅広い世代からの支持を集めている50TA。アルバム『50TA』はオリコンデイリーランキング初登場7位、週間ランキング初登場9位(最高位)、とインディーズの新人男性ソロアーティストとしては史上初の快挙を達成。幕張メッセやEXシアター六本木などでのライブも盛況で、番組の枠を飛び出した活躍を見せている。

 自薦の場合は動画で自身の楽曲や、意気込みを曲に込めて応募。他薦の場合は推薦したい人の写真や詳しい情報(名前やプロフィール等)を添えて応募。詳細は番組公式ホームページに掲載されている。

■『金曜★ロンドンハーツ』公式ホームページ
http://www.tv-asahi.co.jp/londonhearts/

最終更新:9月16日(金)22時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。