ここから本文です

福山雅治、「徹子の部屋」で父になる心境語った!“3つの夢”完全制覇

サンケイスポーツ 9月16日(金)5時0分配信

 歌手で俳優の福山雅治(47)が、デビュー時からの夢だったテレビ朝日系「徹子の部屋」(月~金曜正午)に初出演することが15日、分かった。22日放送回で、このほど行われた収録では司会の黒柳徹子(83)が、女優、吹石一恵(33)と昨年に結婚し、今冬には第1子が誕生する“新米パパ”をユニークな演出で祝福。福山は徹子を相手に父との思い出話などを語り、自身が父になる心境も告白。ファンならずとも必見だ。

 18歳のころ、ギター1本を抱えて長崎市から上京した福山が、いつか叶えると誓った3つの夢。

 1つはニッポン放送「オールナイトニッポン」のパーソナリティーを務めることで1992年に実現、もう1つはフジテレビ系「笑っていいとも!」のテレフォンショッキング出演で95年に成就。そして、最後に残っていたのが「徹子の部屋」への出演だった。

 福山は2013年に放送された同番組の特別版「出張!徹子の部屋パート6」に出演したが、レギュラーは今回初めて。

 1990年のデビューから26年を経て“大願成就”となった福山は昨年9月に吹石と結婚し、冬に第1子が誕生とオメデタ続き。そんな国民的スターを祝福するため、徹子が考え抜いたというサプライズ演出は、タマネギヘアから取り出す黄金の扇子!! 思いがけない展開に、福山は「うわっ!! すごいものいただいちゃったなぁ」と大感激した。

 トークでは、福山が家族にまつわる秘話を告白。17歳のときに他界した父との思い出では、幼いころに頼まれたたばこを探し回って帰りが遅くなり、母に叱られた時の秘話を披露。そのとき父は「雅治は俺が頼んだものを探してわざわざ遠くまで諦めんで買いに行った。こいつは根性だけはある」と褒めてくれたという。この父からの唯一の褒め言葉を支えに上京後も頑張ってきたとしみじみ振り返った。

 来年2月に48歳の誕生日を迎える前に自身もついに父になり、現在の心境に触れる一幕も。

 妻の第1子妊娠を発表した先月28日に生放送されたネット番組で「今は無事に生まれてきてくれることと、母子ともに健康であることを祈るばかり」と話していた福山。

 今回の収録は今月13日で、発表から2週間が経過。吹石のお腹の膨らみが目立ち始め、胎動も徐々に分かって父になる実感が芽生え始める時期だけに、福山パパが何を語ったのか。徹子のリアクションも含めて注目だ。

最終更新:9月16日(金)5時0分

サンケイスポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。