ここから本文です

【スプリンターズS】ミッキーアイル余力十分12秒3

サンケイスポーツ 9月16日(金)9時12分配信

 《栗東》高松宮記念2着ミッキーアイル(音無、牡5)は坂路を単走で余力十分に4ハロン51秒8-12秒3。「馬なりだが、タイムは速すぎるくらい。本番までまだあるし、ちょうどいい具合だね。休み明けは苦にしない」と音無調教師。

 キーンランドC2着シュウジ(須貝、牡3)は坂路で外イモータル(OP)に1馬身半遅れたが、馬なりでラスト12秒1(4ハロン51秒6)と鋭く伸びた。「(乗り手には)軽くていいと言っていたが、時計は出た。状態がいいということ。ここ2戦は勝てていないが、能力は示せている」と須貝調教師。

 サマースプリントシリーズ連覇のベルカント(角田、牝5)は坂路で一杯に追われて4ハロン50秒5-12秒0の好時計。「昨年は北九州記念(1着)後に放牧に出したのですが、今年は在厩調整。悔いの残らない調整をしています」と川島助手。

最終更新:9月16日(金)9時20分

サンケイスポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]