ここから本文です

【くらしナビ】酒の買い取りサービス活況 不要な贈答品やコレクション…

産経新聞 9月16日(金)10時16分配信

 お中元や旅行の土産などでもらったけれど、飲まずに家で眠ったままのビールやウイスキー。そんな酒を買い取る店がいま活況を呈している。

 首都圏に総合リサイクルショップ「みっけ」を展開するゲンキの平和堂(千葉県柏市)では、店頭やインターネット経由でこうした酒を買い取った量が6月には前年同月比2・5倍まで達したという。

 地区マネジャーの浦上寛太さんによると、同社は家電やおもちゃなどを扱う古物商。集客のために一般酒類小売業免許を取って新品の酒を販売するうちに、来店客から酒の買い取り要望が増えてきた。

 そこで新品販売の経験も生かし、持ち込まれた未開封品の状態をスタッフが細かくチェックして買い取り、店頭で再販売している。例えばビールは製造から半年以内であれば値が付く。相場にもよるが、おおむね新品価格の50%前後で買い取るという。

 板橋店(東京都板橋区)の星野容浩(よしひろ)店長は「酒を好きな人のために役立てたい。不要な贈答品から大切なコレクションまで酒のことなら何でもご相談ください」と話している。

最終更新:9月16日(金)10時16分

産経新聞