ここから本文です

課外授業中の小学生ら10人スズメバチに刺される 東京・日野市 

産経新聞 9月16日(金)12時1分配信

 16日午前9時10分ごろ、東京都日野市新井の向島緑地で、「児童がスズメバチに刺された」と119番通報があった。警視庁日野署と東京消防庁によると、刺されたのは、緑地に隣接する市立潤徳(じゅんとく)小学校の男性教師(40)と、いずれも小学3年の男子児童5人、女子児童4人の計10人。当時は緑地で虫などを観察する課外授業中で、頭や腕などを刺されて病院に搬送されたが、いずれも軽傷という。

 日野市などによると、緑地内でオオスズメバチの巣が見つかり、市職員が駆除した。

最終更新:9月16日(金)12時1分

産経新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。