ここから本文です

第93代警視総監に沖田芳樹氏 閣議了承、発令は20日付

産経新聞 9月16日(金)13時46分配信

 警視庁の高橋清孝警視総監(59)が勇退し、後任の第93代警視総監に警察庁の沖田芳樹警備局長(59)を起用する人事が16日の閣議で了承された。発令は20日付。

 沖田氏は東大法学部卒。昭和56年に警察庁に入り香川県警本部長や宮内庁侍従、愛知県警本部長、警察庁長官官房総括審議官などを歴任。平成27年8月から警備局長。東京都出身。

 警備局長として、今年5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)やオバマ米大統領の広島訪問などで警備全般を指揮した。今後は2020年東京五輪・パラリンピックに向けたテロ対策などの警備計画の準備や暴力団対策、特殊詐欺の被害防止、ストーカー対策などが課題となる。

最終更新:9月16日(金)13時46分

産経新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。