ここから本文です

DeNA・三浦、24年連続勝利はならず 五回途中で降板

サンケイスポーツ 9月16日(金)20時22分配信

 (セ・リーグ、阪神-DeNA、24回戦、16日、甲子園)現役最年長の42歳右腕、DeNA・三浦大輔投手が今季2度目の先発登板も、五回途中で降板。プロ野球記録の24年連続勝利とはならなかった。

 一回、DeNAはロペスの適時打で1点を先制。しかし、三浦は、その裏に二死二塁から福留に本塁打を打たれ、逆転を許してしまう。

 その後は、二回は三者凡退、三回、四回は安打を許しながらも後続を断ち無得点を続けた。しかし、五回に一死から秋山、北條に連打を許し二、三塁とされたところで降板。2番手の砂田にマウンドを譲った。

 三浦は4回1/3、73球を投げ、6安打(本塁打1)4奪三振、無四球も2失点。勝利とはならなかった。

最終更新:9月16日(金)20時22分

サンケイスポーツ

スポーツナビ 野球情報