ここから本文です

「もんじゅは廃炉含め決断するタイミング」 自民・茂木敏充政調会長

産経新聞 9月16日(金)17時4分配信

 自民党の茂木敏充政調会長は16日、安全上の不備が続き停止中の高速増殖炉原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)について「廃炉も含め一定の決断をしなければならないタイミングに来ている」と述べた。

 廃炉以外の政治決断の可能性については「私には想定できない。ないとは言わないが、私の想像力を超えている」と述べ、存続に否定的な考えを示した。

 産経新聞などのインタビューに答えた。

最終更新:9月16日(金)17時4分

産経新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。