ここから本文です

映画「真田十勇士」出演の大島優子さんが長野・上田を訪問 真田神社でヒット祈願

産経新聞 9月16日(金)17時55分配信

 22日から全国公開される映画「真田十勇士」の堤幸彦監督(60)と女忍者「火垂(ほたる)」を演じる女優の大島優子さん(27)が16日、十勇士の故郷とされる長野県上田市を訪れ、映画をPRした。

 堤監督とともに上田市役所に母袋(もたい)創一市長を表敬した大島さんは「気力、体力、精神力のすべてを費やす作品に出合ったのは初めて。たくさんの方に劇場に足を運んでいただきたい」と話した。母袋市長は「真田の郷として盛り上がる上田にさらなるにぎわいが訪れるといい。映画を見るのを楽しみ」と応じた。

 堤監督は「上田は(NHK大河ドラマの)『真田丸』で盛り上がっているが、映画では、真田丸では描かれていない場面も楽しんでほしい」と語った。

 堤監督と大島さんはその後、上田城跡公園内の真田神社を訪れて映画の大ヒット祈願を行ったほか、トークショーや映画の舞台あいさつにも出席した。

最終更新:9月16日(金)17時55分

産経新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。