ここから本文です

築地移転延期 地下の水から微量のヒ素 豊洲市場青果棟、地下水の可能性

産経新聞 9月16日(金)21時3分配信

 共産党都議団は16日、豊洲市場の青果棟下の地下空洞で14日に採取した水を、民間の検査機関で分析した結果、環境基準を下回る微量のヒ素が検出されたと発表した。ベンゼンやシアン、六価クロムは検出されなかった。都議団は「たまり水が(床面からしみ出した)地下水である可能性が高まった」とし、都に全面的な調査を求める方針を示した。

 都議団によると、ヒ素の環境基準は1リットル当たり0.01ミリグラムで、検出されたのは同0.004ミリグラム。豊洲市場の敷地は東京ガスの工場跡地で、土壌に含まれた工場由来の有害物質4種に絞って検査を依頼した。ベンゼンなどが検出されなかったことについて、都議団は「すでに揮発した可能性があり、大気中の調査も必要だ」との見解を示した。

最終更新:9月16日(金)21時37分

産経新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。