ここから本文です

ティム・バートン新作『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』来年公開

CINRA.NET 9/16(金) 20:35配信

ティム・バートン監督の映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』が2017年に全国で公開される。

【もっと画像を見る(3枚)】

ランサム・リグズの小説『ハヤブサが守る家』をもとにした同作。1940年9月3日を毎日繰り返している「奇妙なこどもたち」が暮らす秘密の隠れ家「ミス・ペレグリンの家」を舞台に、この世界に送り込まれた少年ジェイクが真実を解明するが、その後「奇妙なこどもたち」と世界に大きな変化が訪れるというあらすじだ。

ミス・ペレグリン役には、バートン監督の映画『ダーク・シャドウ』に出演したほか、2006年の映画『007 カジノ・ロワイヤル』でボンドガールを演じたエヴァ・グリーンがキャスティング。ジェイク役を『ヒューゴの不思議な発明』のエイサ・バターフィールドが演じるほか、共演者にはサミュエル・L・ジャクソン、エラ・パーネル、ジュディ・デンチ、テレンス・スタンプらが名を連ねている。

CINRA.NET

最終更新:9/20(火) 12:56

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]