ここから本文です

ジブリ作品、踊る大捜査線・・・「日本映画の興行収入歴代ランキング」トップ10

AbemaTIMES 9/16(金) 12:23配信

(C)AbemaTV

興行収入が多い…つまり、儲かった日本映画、トップ10のうち、6つがジブリ作品。さすがは世界のジブリです。1位の「千と千尋の神隠し」は300億円超えとなっています。

4位と8位は「踊る大捜査線」シリーズ。今ではテレビドラマから映画化は一般的ですが、この作品が先駆け的な存在です。
そして、7位には1983年に公開された、高倉健さん主演の「南極物語」。実は、同じ年に公開されたスターウォーズや007をおさえて、この年の1位に輝きました。
そして、9位も80年代の作品「子猫物語」。猫の冒険を描いた、ムツゴロウさんの監督作品。この頃の映画は、特に動物ものがウケていたようです。

最終更新:9/16(金) 12:23

AbemaTIMES

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。