ここから本文です

ホンダ、新型「フリード/フリード+」を発売 ~「ちょうどいい」がさらに進化~

オートックワン 9月16日(金)11時5分配信

ホンダは、新型「フリード/フリード+(プラス)」を、9月16日より発売する。

新型フリード/フリード+は、「7days Wonderful Mobility」をコンセプトに、「いつでも」、「どこでも」、「だれでも」用途に応じて思い通りに使えるコンパクトミニバンで、先代フリードで好評の「ちょうどいい」を、さらに進化させた。

ホンダ フリード/フリード+の写真を見る

価格(消費税込)は、フリードが188万円~272万8200円、フリード+が190万円~274万8200円となる。

3列シート車のフリード、2列シート車のフリード+、福祉車両を用意し、多様なニーズに応えるべく16通りのワイドなバリエーションを揃えた。コンパクトミニバン初のハイブリッド4WD車に加え、車いす仕様車にもハイブリッドを設定している。

また、さまざまなシーンに対応する多彩なシートアレンジが可能な、コンパクトミニバンクラストップの広い室内空間を確保。

さらにフリード+では、荷室を超低床化することで使い勝手を向上させ、車中泊も可能なフラット空間と床下収納を同時に実現した。

新型フリード/フリード+の主な特長

<フリード>

1~3列目ヒップポイント間距離を先代フリードより90mm拡大し、全列で大人が快適に過ごせる 広々したスペースになっている。

6人乗りの3列シート車はキャプテンシートを採用し、先代フリードより120mm拡大した360mmのロングスライドを実現。6人乗り、7人乗りともに、1列目・2列 目フラットモード、2列目・3列目フラットモードなど多彩なシートアレンジができる。

ウォークスルー幅を1列目で50mm、2列目で25mm拡大して前後シート間の移動がしやすくなり、さらに、先代フリードよりスライドドア開口幅を20mm広げて665mmとし、ステップ高を15mm下げて390mmとすることで、乗降性が向上した。

特徴的なフロントウインドウにより、ドライバーの見上げ角を向上し、視界が大幅に拡大。大きなフロントコーナーウインドウと、さらに細くしたフロントピラーにより、斜め前方視界も向上し、運転に安心感をもたらすとともに、開放的な室内空間を実現した。

最小回転半径5.2mと小回りがきき、狭い道路での取り回しもしやすい。

<フリード+>

フリード+の最大の特徴は、荷室を先代モデルのフリードスパイクから185mm低くし、開口部地上高335mm(FF車)の超低床化を実現した点で、背の高い荷物も載せることができる。

シートアレンジは6:4分割のダブルフォールダウン機構を採用し、フルフラット化を実現した。

車中泊機能がさらに進化し、軽量・高強度のユーティリティボードを使ってシートアレンジをすると、セミダブルサイズのマットレスが敷けるフラットスペースが生まれる。

さらにフラットスペースの下は床下収納として使うことができる。

1/2ページ

最終更新:9月16日(金)15時26分

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]