ここから本文です

新型フリード/フリード+発売。“ちょうどいい”を正常進化&4WD車も充実

carview! 9/16(金) 10:38配信

ホンダは9月16日、ティザーサイトで先行公開していた新型「フリード/フリード+(プラス)」を発売した。フリードは3列仕様、フリード+は従来までのフリードスパイク後継の2列仕様。2代目となる新型では、乗車人数(4~7人)やガソリン/ハイブリッド、駆動方式(FF/4WD)の組み合わせによって、全部で16通りの多彩なバリエーションを揃えている(福祉車両を含む)。

【新型フリード/フリード+の写真をもっと見る(40枚)】

価格はフリードが188万円(6人・ガソリン・FF)~272万8200円(6人・HV・4WD)、フリード+が190万円(5人・ガソリン・FF)~274万8200円(5人・HV・4WD)。

サイズ感をキープ&さらに広くて使いやすく

2008年に登場した初代フリードから初めてのフルモデルチェンジとなる新型フリード/フリード+は、好評だった“ちょうどいい”サイズ感をキープしながら、さらに広くて使いやすい室内空間が追求されている。

ボディサイズは、全長4265mm(フリード+のFF車のみ4295mm)×全幅1695mm×全高1710mm(4WD車は1735mm)。先代とほぼ同等サイズで2740mmのホイールベース長も変わらないものの、1~3列目ヒップポイント間は+90mm、2列目シートスライド量は+120mm拡大された。また、カップルディスタンス(運転席・助手席間)も+50mm広がっている。

3列仕様のフリードには、2列目キャプテンシートの6人乗りと2列目ベンチシートの7人乗りを設定。2列仕様のフリード+は5人乗りで、2列目シートにダブルフォールダウン機構を採用し、車中泊ものびのびと楽しめるフラットモードを実現した。たっぷりとしたラゲッジスペースは専用ボードで上下2段に分割して使えるほか、自在にカスタマイズできるナットも左右10ヶ所ずつ用意された。また、ラゲッジ開口部の地上高は、先代フリードスパイクから185mmも低い、335mm(4WD車は505mm)という超低床化を実現している。

1/3ページ

最終更新:9/16(金) 10:38

carview!