ここから本文です

10億ドル企業 米モードメディアが事業停止を発表

Fashionsnap.com 9/16(金) 13:59配信

 グラムなど女性系アドネットワークを運営する米モードメディアコーポレーションが米国とカナダにおける事業停止を発表した。日本法人のモードメディア・ジャパンは事業を継続するが、米社が保有する日本支社の株式売却を予定しているという。

【2015年版】雑誌からデジタルの時代に?ファッション出版業界の出来事まとめ

 2006年にグラムメディアとして設立された同社は、2014年に社名をモードメディアに変更。ブランドサイトを束ねる女性系広告ネットワーク会社として、多くのファッション系サイトが参加。2011年にはSNS用プラットフォーム「Ning」を買収し、評価額10億ドルのユニコーン企業として知られていた。だが、今年初めに一部の従業員を削減。同社の創設者サミール・アローラもCEOを退任し、ペプシコやアップルなどで長年経営管理をしていたジャック・ロトロを暫定CEOに据えるなど事業変化への対応に追われていた。

 同社は今回の事業停止で、同社が76%を保持するモードメディア・ジャパン株式を売却する意向を示している。モードメディア・ジャパンは、複数の日本企業と米モードメディアとの出資により設置されており、現在の日本国内での事業影響は軽微だという。ジャパン社は、既に様々な協議を進めており詳細が決定次第発表するとしており、今後は株式の売却先が注目される。

最終更新:9/16(金) 13:59

Fashionsnap.com