ここから本文です

<県アマG>伊藤(日高)単独トップ 1打差で佐藤(さいたま)続く

埼玉新聞 9月16日(金)0時40分配信

 ゴルフの第38回埼玉県アマチュア選手権(埼玉新聞社主催)決勝大会第1日は15日、深谷市の岡部チサンカントリークラブ美里コース(7084ヤード、パー72)で147人が参加して行われ、34回大会以来、4年ぶりの栄冠を狙う埼玉栄高出で日大1年の19歳、伊藤優太(日高)が3アンダー、69で単独トップに立った。

 伊藤は3バーディー、0ボギーと安定感が際立った。前半の3番(パー4)7番(パー4)、後半も出だしの10番(パー5)でそれぞれバーディーを奪うなど、ショットとパットがさえ渡った。

 首位と1打差の2位には、さいたま土合中3年の佐藤翔太が2アンダー、70で続き、3位には埼玉栄高出で日大3年の勝俣陵(三芳)と2年ぶりの頂点返り咲きを目指す埼玉栄高3年の坂本雄介(さいたま)が71で並んだ。

 14オーバー、86の100位タイまでの107人が、16日の最終ラウンドに進んだ。

最終更新:9月16日(金)0時40分

埼玉新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。