ここから本文です

共謀容疑の組員ら処分保留で釈放 岡山・組幹部射殺事件

山陽新聞デジタル 9月16日(金)8時10分配信

 岡山市南区豊成のマンションで5月、指定暴力団神戸山口組系池田組の高木忠幹部=当時(55)=が射殺された事件で、実行犯と共謀したとして殺人と銃刀法違反(発射など)の疑いで逮捕された指定暴力団山口組系組員の男性(43)=岡山市=と防水工の男性(44)=同=について、岡山地検は15日、処分保留で釈放した。理由は明らかにしていない。

 岡山県警によると2人は、山口組系組員の山本英之被告(32)=愛知県半田市旭町、両罪で起訴=と共謀。山本被告が5月31日朝、マンション1階の駐車場などで高木幹部に拳銃を発射。3発を上半身に当て、心臓損傷で死亡させたとして逮捕された。携帯電話の通話記録などから、2人の関与が疑われた。

最終更新:9月16日(金)8時10分

山陽新聞デジタル