ここから本文です

WWECWCは飯伏幸太とグラン・メタリック(マスカラ・ドラダ)を倒したTJパーキンスが優勝!

バトル・ニュース 9/16(金) 13:00配信

 WWEで体重92kg以下の32名が優勝を競い合うトーナメント『クルーザー級クラシック・トーナメント』が開催され、その準決勝と決勝戦が行われた。

 飯伏幸太は準決勝で新日本プロレスでピノイ・ボーイとして闘っていた新日本ロス道場出身のT.J.パーキンスと対戦。
 序盤は激しいキックやトップロープからのムーンサルトを決めるなど飯伏が試合を優勢に進めるも、必殺のシットダウン式ラストライドがパーキンスにカウント2で返されてしまう。その後、再びラストライドを狙うも、逆にパーキンスにニー・バー、さらに首も決められるとたまらずタップアウト。飯伏幸太は準決勝敗退となった。

 決勝はメキシコ・CMLLに所属し新日本プロレスでも活躍したグラン・メタリック(マスカラ・ドラダ)と飯伏を破ったT.J.パーキンスの試合に。
 試合前にリングにトリプルHが現れると、優勝者は同時にロウのWWEクルーザー級チャンピオンとなることを発表。

 試合は飛び技を繰り出すメタリックに対し、パーキンスはニー・バーを狙い一進一退の攻防を展開。メタリックは必殺のメタリックドライバー(ドラダスクリュードライバー)を決めるも2カウント。再びコーナーポストからのメタリックドライバーを狙うが、逆にパーキンスが得意のニー・バーを決めるとメタリックがタップアウト。

 見事T.J.パーキンスがグラン・メタリックに勝利し、クルーザー級クラシックトーナメント優勝を果たした。

最終更新:9/16(金) 14:07

バトル・ニュース