ここから本文です

元マンチェスター・Uのスコールズ氏がポグバに喝「メッシを買ったんじゃない」

GOAL 9月16日(金)20時58分配信

ポール・スコールズ氏はポール・ポグバに対し、バルセロナのリオネル・メッシのように何でも自分でやろうとしていると指摘した。

15日、ヨーロッパリーグ第1節が行われ、マンチェスター・ユナイテッドはフェイエノールトに1-0で敗戦した。

元マンチェスター・ユナイテッドMFポール・スコールズ氏は、試合後『BTスポーツ』に対しポール・ポグバのプレーについてダメ出しした。

ユヴェントスから史上最高額となる移籍金でユナイテッドへの復帰を果たしたポグバ。だが、オールド・トラッフォードでのスタートは、それに見合う活躍をしているとは言い難く、批判も聞こえ始めている。

スコールズ氏は、ポグバが「違いを作るプレー」にこだわり過ぎていると指摘し、セリエAで輝いたようにミッドフィールダーとしてのプレーに集中するよう提言した。

「ポグバは少し動き回りすぎている。思うに、ボールを触ろうとしすぎている」

「ポグバはドリブルを仕掛けて3人、4人を抜こうとしているが、今はシンプルにプレーすべきだ。マンチェスター・ユナイテッドが獲得したのはあんな選手じゃない。ユナイテッドはメッシを買ったんじゃない。5人の選手を抜き去り、ゴールにぶち込むような選手ではなく、パワフルで力強くボールを奪える中盤の選手を獲ったんだ」

「ポグバはテクニック、パスセンス、そして縦への推進力も備えている。ワンタッチ、ツータッチでズラタン(イブラヒモビッチ)にボールを預けて走りこめば誰も止められない。スピードもパワーもすごいものを備えているんだから」

ポグバの相棒にはマイケル・キャリックを推すスコールズ。冷静なキャリックがそばにいることで、ポグバも恩恵を受けるだろうとしている。

「ユヴェントスでもそうだったように、ポグバのそばにはコントローラーが必要なんだ。マイケルはボールさばきに長けているし、その役割に相応しいと思う」

最終更新:9月16日(金)20時58分

GOAL