ここから本文です

「“可愛くなる“ためのテクノロジー」で、女性はどう自分らしさを表現するのか--久保友香×ミワンダフル

SENSORS 9月16日(金)20時0分配信

「シンデレラテクノロジー」という概念の元、日本の“可愛い“の法則やバーチャルアイデンティティーにおける美意識について工学的アプローチから研究している東京大学大学院 情報理工学系研究科 特任研究員 久保友香氏と「メイクで世界を笑顔に」をモットーに数多くの女性をメイクで笑顔にしているメイクアップアーティスト ミワンダフル氏による「SENSORS SHIBUYA FASHIONCODE WEEK」トークセッションの模様をお届けする。 日本の女の子にとっての「盛れる」定義や日本人の美意識、さらにはメイクとテクノロジーの関係性など様々な切り口から、SNSとリアルな世界の両方を生きる女性はどう“自分らしさ“をデザインしていくか「メイクテクノロジー」について語られた。

:右脳思考”と”左脳思考”の融合「テクニカルアーティスト」の仕事

■浮世絵に描かれている女性と、現代の女性の共通点

--久保さんはどうして日本の美人画についての研究から、「シンデレラテクノロジー」と言う概念に至ったのですか?

K: 最初は日本の絵画にあるデフォルメ表現について研究していました。日本の絵画は絵巻とか浮世絵を観ても分かるように、現実そのものを描かない特徴があります。現実の人間の顔は多様性があるはずなのに美人画に描かれる顔は均一的。 リアルな顔と、絵などに描かれるバーチャルの顔とが、ずれた表現がなされているということが、すごく面白いなと思い研究を始めました。そのずれの法則を数式に導き出すということをやっていました。

例えば浮世絵の『寛政三美人』に書かれている3人の女の子の顔は、素人目に見ると一見そっくりな顔です。 そっくりすぎて本当に美人だったのかすら、よく分からないくらい。多分ここに描かれているのは当時の美人の基準であり、本当は違う顔をしていたのではないかと思うんです。 なぜ日本のバーチャルの世界ではこのような描き方をしているのか、すごく気になっていた時に、この均一性が現代の女の子にも引き継がれているのではないかと気がついたんですね。 ティーン向けの雑誌に載っている写真も、ネット上のプリクラの写真も、私には皆顔が似ているように見えました。 それは化粧や画像処理によってデフォルメしているからです。女の子たちはそれを「盛る」と呼びます。 この「盛り」こそが日本の文化なのかなと思って、そこから現代の若い女の子にフィーチャーしました。

--日本の歴史的絵画の研究から現代の若い女の子の「盛り」文化に行き着いて、気づいたことはありますか?

K: 例えば江戸時代、豪華なお化粧をして、浮世絵に描かれることができるのは、高位の遊女などの、スポンサーがついているような特別な立場の女性だけでしたが、今だと一般の女の子でも実際よりも盛って、不特定多数に情報発信出来るようになっています。 誰でもリアルアイデンティティーと不特定多数から見られるバーチャルアイデンティティーの二種類を持てるようになっていて、女の子たちの間では、バーチャルアイデンティティーでは、実際の顔より適度に盛ってコミュニケーションすることがさかんに行われています。 私はそういう日本の女の子たちが無意識に行っているビジュアルコミュニケーションの中に、未来、世界に普及するコミュニケーション技術のヒントがあるのではないかという仮説を持って、女の子のたちの行動を観察しています。

そもそも日本の女の子たちを起点に、新しいコミュニケーション技術が広がる事例は、古くから結構あるのです。 古くは平安時代の平仮名や、現代の絵文字。自撮りというのも2000年に発売したカメラ付き携帯を使って日本の女の子たちから始まり、今はselfieとして世界中に広がっています。 最初日本の女の子たちだけがやっていると馬鹿にされたりするんですけれど、簡単で使いやすいビジュアルコミュニケーションは、結果的に広く普及しやすい性質があります。 なので、日本の女の子たちが無意識に行っているビジュアルコミュニケーションを観察しながら、そこから法則を見出そうと研究しています。

1/4ページ

最終更新:9月21日(水)14時40分

SENSORS