ここから本文です

【映像】シドニー名所ハーバーブリッジでバス炎上 火抑制システム未導入

アフロ 9月16日(金)13時10分配信

 豪州最大都市シドニーの名所ハーバーブリッジで15日午後5時30分ごろ、乗客30人が乗ったバスが炎上した。
 地元の報道によると運転手が迅速に乗客を避難させたため全員無事だが、運転手と乗客2人が煙を吸って病院へ搬送された。エンジンの加熱が火災の原因とみられる。
 火災により複数経路が閉鎖さされた橋では帰宅時間帯も重なり、渋滞が発生した。
 
 シドニーのあるニューサウスウェールズ州では過去12カ月でバス火災が40件発生しており、州運輸当局はバス1300台に火の抑制システムの導入を順次進めていたが、炎上したバスはそのうちの未導入バス250台の1台だった。

 (オーストラリア、シドニー 15日 映像:Press Association(PA)/アフロ)

最終更新:9月16日(金)13時23分

アフロ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。