ここから本文です

真琴が頚椎椎間板ヘルニアでの欠場から復帰し『真琴デビュー10周年大会』を発表!

バトル・ニュース 9月16日(金)18時30分配信

 15日、新木場にて行われたREINA女子プロレス『Road to クイーンズクライマックスI』で、6月より頚椎椎間板ヘルニアで欠場していた真琴が復帰戦を行った。

 欠場時には『このまま試合を続けると四肢が麻痺し動かなくなってしまう』とドクターストップを受けていたが、リングに登場した真琴は「欠場していた3か月はすごく長くて今日も不安です。みんなに付いていけるかとか、技の入り方を忘れてないかとか」と弱音を漏らす。

 試合は日向小陽&米山香織&チェリーvs真琴&希月あおい&中森華子の6人タッグとなり、真琴と日向が先陣を切る。真琴軍はカットに来た米山を捕まえポーズを決めると、日向がスリーパーからニョキニョキチョップ。真琴はなんとかスピアーで切りかえすともう一度スピアー。中森のハイキックから真琴がブレイジングキックを叩き込み、フィニッシュを狙った真琴はデスバレーの体勢へ。しかしこれを日向に切り返されるとマヒストラルで捕らえられ3カウントを奪われた。

 残念ながら黒星発進となった真琴は「負けちゃったー。でも無事に試合を終えることができてほっとしています。明日から、バリバリ試合していくことができると思います。でもやっぱりみんなに付いていくことができなかったかな。一回も負けたことのない日向さんに負けてしまって…でも復帰したのでこれからバリバリ頑張ります。
 私事ですが、10月28日の後楽園ホール大会を真琴デビュー10周年大会にしてもらうことに決まりました。私の10年間を振り返るような大会にしたいと思ってます。私のカードは実現できるかわからないですけど、(希望する対戦相手は)師匠…師匠…師匠… みたいな感じです」と発表し大会を締めくくった。

最終更新:9月16日(金)18時30分

バトル・ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。