ここから本文です

民泊仲介会社と阪急不動産がタッグ、関西圏の空き家オーナーに民泊サポート事業を展開へ

トラベルボイス 9/16(金) 15:00配信

民泊を仲介する百戦錬磨は、阪急不動産と業務提携し、民泊をサポートする事業を開始する。阪急不動産の新サービス「阪急の空家サポート」の一環で、主な対象は阪急阪神沿線の空家オーナー。阪急不動産の持つネットワークと百戦錬磨の民泊プラットフォームが連携し、民泊の普及による地域活性化を目指す。

阪急不動産の新サービス「阪急の空家サポート」は、阪急阪神沿線の空家に関する相談窓口を新たに設置。空家の管理から売却、賃貸管理、リフォームなど、空家オーナーのニーズをワンストップでサポートするもの。百戦錬磨は、子会社のとまれる社が民泊仲介サービス「STAY JAPAN」を展開しており、今回の連携で重要市場の一つと位置付ける関西圏でのサービス展開を加速する。

トラベルボイス編集部

最終更新:9/16(金) 15:00

トラベルボイス