ここから本文です

今年も国道6号清掃します! 10月15日、事前に放射線量測定

福島民友新聞 9月16日(金)10時56分配信

 浜通りを南北に貫く国道6号の環境美化に取り組む清掃ボランティア活動「みんなでやっぺ!きれいな6国(ろっこく)」が10月15日、沿線各地で展開される。総合開会式は午前9時30分から、広野町の二ツ沼総合公園で行われる。NPO法人ハッピーロードネットや浜通りの各青年会議所などでつくる実行委は6日まで、参加者を募っている。




 活動は震災前、地元の中高生らの提案で始まった。震災と原発事故の影響で休止したが、昨年10月に5年ぶりに再開された。実行委は成人をはじめ、中高生の参加を呼び掛けている。

 今年は、いわき、広野、楢葉、富岡、浪江、南相馬、相馬、新地8市町の計約50キロで行われる。高校生以下は、いわき、広野、南相馬、相馬、新地5市町で参加し、保護者の承諾を求める。楢葉、富岡、浪江3町での活動は成人に限る。

 昨年の活動を巡っては、被ばくへの不安を指摘する批判が寄せられた。こうした意見を踏まえ、実行委は事前に活動範囲の放射線量を測定するほか、当日も線量計を持参する。

 申し込み、問い合わせは事務局のNPO法人ハッピーロードネットへ。

福島民友新聞

最終更新:9月16日(金)10時56分

福島民友新聞