ここから本文です

もっと単純だった、平山みきが見た音楽シーンの変化 昭和の良さ/インタビュー後編

MusicVoice 9月16日(金)11時1分配信

 「筒美京平の秘蔵っ子」とも言われた歌手の平山みき。今年7月20日は、自身の代表曲で売上50万枚を記録したヒット曲「真夏の出来事」をセルフカバーした「真夏の出来事~ナウ・アンド・ゼン」を発売した。平山は1971年に「ビューティフル・ヨコハマ」でレコードデビュー。当時は、昭和歌謡の転換期で、洋楽が日本に多く入るようになり「歌謡ポップス」が生まれた。そのシーンを象徴するのが作曲家の筒美京平さん、作詞家の橋本淳さんによる楽曲。数多くのヒット曲を世に送り出した両氏は、平山の「真夏―」も手掛けた。インタビュー後編は、筒美・橋本両氏への想いや音楽シーンの今昔、そして、今回の「ナウ・アンド・ゼン」の演奏に加わったザ・サーフコースターズやライブ感への想いなどについて語ってもらった。

面白いことをやり続けてきた、向きあう「真夏」

――今回、リアレンジして挑んだ背景は?

 私の事務所のスタッフが「やりましょう」って。「昔の平山みきの気持ちに戻って歌ってみたら」と言われて。これまでも歌ってきているけれど、色んな事に挑戦してきましたから。ジャズもロックもやってきましたし、アルバムでも色んな事をやってきた。一番近い所ではバーレスクのダンサーとドラァグクイーンとショウを作ったり。その都度でやりたい事をやっているんです。

――ドラァグクイーンとのショウ?

 あちらがファンだと言ってくれたんです。新宿2丁目とかにファンが多いみたいです。そういう関係の人達と仲良くなっていって、ドラァグクイーンの人達もお店の中で私の楽曲を流してくれていまして。それで紹介してもらったりして伺うと凄く喜んでくれて、何かあると呼んでくれました。「何か面白い事やりたいね」と言っていて、そこにバーレスクの人も来ているので「じゃあショウを作っちゃいましょう」という事でやりました。だから、その都度、面白い事をしてきているんです。今回は、その中でも“あの時の平山みきをもう一度”というところにテーマがあって。これまで歩んできた中で、色んな事が変わってきているけど。

――色んな事に挑むことで、新たな“平山みき”の魅力発見にも繋がりそうですが、今回は衣装もこれまでのイメージカラーの黄色は使っていませんね。

 そうですね。私のイメージカラーが黄色なので、衣装もずっと黄色でした。でも、今度のは黒や白とかも。私が、衣装をやってしまうとどうしても黄色を選んでしまうから、今回はお任せしました。その中で赤とかもあって、違う服も面白いかなと思いまして。普段着は黄色ですけどね。黄色を入れないと皆が違う人だと思うから(笑)。

――人に任せるのは勇気があることだと思いますが。

 いいえ、全然。自分でやっちゃうとずっと同じですし。そこから広がる事があったとしても、基本は「好き、嫌い」だけの事で選んじゃいますからね。それだけじゃなくて、嫌いだけれどやってみたら面白い事ってあるかもしれないので、任せちゃった方が楽ですね。全部言われた通りにやった方が楽ですね。

――人に任せるという思いになったのは、作品以外で何かきっかけがあったのでしょうか。

 それは「言って下さったから」という事だけですね。そんな深い事でもないです。押し通す理由もなかったですし。「これをやりたいんです!」という強い意思でお願いされたら、そうします。お芝居みたいなもので、演じるのと同じなんだと思います。あの頃の平山みきからすごく日にちが経っていますし、人間だから変化していきます。あのまんまで行っていたら何も変化がなかったと思います。ただ歳をとるだけではなくて、そのなかで私は何か面白い事をやっていきたいという思いがあって。でも、そこに戻るというのが…。戻りたいという思いがどこかしらあったのかもしれないけど、たまたまそれをやろうという事だったので「じゃあそこを演じればいい」と思っただけですね。

1/6ページ

最終更新:9月16日(金)11時1分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。