ここから本文です

日本はシングルスにダニエル太郎、西岡を起用、ダブルスは錦織/杉田 [デビスカップ/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 9月16日(金)9時35分配信

 男子テニスの国別対抗戦、デビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「日本対ウクライナ」(9月16~18日/大阪・靭テニスセンター)の組み合わせ抽選が行われた。

デ杯「日本対ウクライナ」戦の見どころを松岡修造さんが解説----舞台は大阪、16日(金)スタート

 日本は、シングルスにダニエル太郎(単88位)と西岡良仁(単96位)を起用、ダブルスには錦織圭(単5位/複818位)と杉田祐一(単98位/複640位)をエントリーした。

 対するウクライナは、シングルスにアルテム・スミルノフ(単321位)とイリヤ・マーチェンコ(単50位)を起用、ダブルスにはセルゲイ・スタコウスキー(単105位、複344位)とダニロ・カレニチェンコ(単657位、複419位)をエントリーした。

 これにより初日のシングルス2試合は、第1試合がダニエルとスミルノフ、第2試合は西岡とマーチェンコが対戦する。

 第2日、第3日の予定は以下のとおり。ただし、出場選手はデ杯ルールに基づき変更される可能性がある。

     ◇   ◇   ◇

【出場選手および組み合わせ抽選】

第1日 9月16日(金) 11時00分~

シングルス第1試合 ダニエル太郎 vs アルテム・スミルノフ

シングルス第2試合 西岡良仁 vs イリヤ・マーチェンコ

第2日 9月17日(土) 11時00分~

ダブルス第1試合 錦織圭/杉田祐一 vs ダニロ・カレニチェンコ/セルゲイ・スタコウスキー

第3日 9月18日(日) 11時00分~

シングルス第1試合 ダニエル太郎 vs イリヤ・マーチェンコ

シングルス第2試合 西岡良仁 vs アルテム・スミルノフ

     ◇   ◇   ◇

 日本は、3月にイギリス・バーミンガムで行われたデ杯ワールドグループ1回戦(3月4~6日/室内ハードコート)で前年優勝国のイギリスに1勝3敗で敗退し、昨年に続き、ワールドグループ残留をかけてウクライナとプレーオフを戦うことになった。

 一方のウクライナは、7月にホームで行われたヨーロッパ・アフリカグループ1部の2回戦(ウクライナ・キエフ/7月15~17日/ハードコート)で、オーストリアを3勝2敗で倒してプレーオフに進出。初のワールドグループ昇格をかけて、日本とのプレーオフに挑む。

     ◇   ◇   ◇

【ワールドグループ・プレーオフ組み合わせ(9月16~18日)】※[ ]数字はシード順位、◎は開催国

スイス[1] vs ◎ウズベキスタン

◎ベルギー[2] vs ブラジル

◎オーストラリア[3] vs スロバキア

◎カナダ[4] vs チリ

カザフスタン[5] vs ◎ロシア

スペイン[6] vs ◎インド

◎ドイツ[7] vs ポーランド

◎日本[8] vs ウクライナ

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:RIO DE JANEIRO, BRAZIL - AUGUST 14: Kei Nishikori of Japan makes return during the singles bronze medal match against Rafael Nadal of Spain on Day 9 of the Rio 2016 Olympic Games at the Olympic Tennis Centre on August 14, 2016 in Rio de Janeiro, Brazil. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

最終更新:9月16日(金)12時48分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]