ここから本文です

カンタス航空、成田/メルボルンのデイリー運航開始、2016年12月から

トラベルボイス 9月16日(金)16時0分配信

カンタス航空(QF)は2016年12月16日より、成田/メルボルン直行便のデイリー運航を開始する。2015年に就航した羽田/シドニー、成田/ブリスベン路線に続く拡充をおこない、急増する日豪間の需要に対応する。新規路線の予約は2016年9月16日から可能だ。

新規路線の機材はA330-300を使用。2クラス制で座席数は297となる。

カンタスとジェットスターは2016年12月から2017年2月まで、成田/メルボルン間を共に運航する予定だが、ジェットスターによるフライトは2017年2月25日をもって休止。ジェットスターによる成田/ゴールドコースと、成田/ケアンズ直行便は今後も引き続き運航される予定だ。

羽田/シドニー、成田/ブリスベン間を予約済みの顧客は、希望に応じて新規路線への変更が可能。2017年2月26日以降のジェットスターの成田/メルボルン路線を予約済みの顧客はカンタスの成田/メルボルン便への振替えが可能となる。

トラベルボイス編集部

最終更新:9月16日(金)16時0分

トラベルボイス