ここから本文です

カンタス航空、成田/メルボルンのデイリー運航開始、2016年12月から

トラベルボイス 9/16(金) 16:00配信

カンタス航空(QF)は2016年12月16日より、成田/メルボルン直行便のデイリー運航を開始する。2015年に就航した羽田/シドニー、成田/ブリスベン路線に続く拡充をおこない、急増する日豪間の需要に対応する。新規路線の予約は2016年9月16日から可能だ。

新規路線の機材はA330-300を使用。2クラス制で座席数は297となる。

カンタスとジェットスターは2016年12月から2017年2月まで、成田/メルボルン間を共に運航する予定だが、ジェットスターによるフライトは2017年2月25日をもって休止。ジェットスターによる成田/ゴールドコースと、成田/ケアンズ直行便は今後も引き続き運航される予定だ。

羽田/シドニー、成田/ブリスベン間を予約済みの顧客は、希望に応じて新規路線への変更が可能。2017年2月26日以降のジェットスターの成田/メルボルン路線を予約済みの顧客はカンタスの成田/メルボルン便への振替えが可能となる。

トラベルボイス編集部

最終更新:9/16(金) 16:00

トラベルボイス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。