ここから本文です

欧州で発売間近のトヨタ「C-HR」、パリモーターショー2016でいよいよ全容公開!

オートックワン 9/16(金) 20:00配信

欧州トヨタは9月13日、29日からフランスで開幕するパリモーターショー2016にて、『C-HR』の市販モデルの全容を公開すると発表した。

トヨタ C-HR

C-HRは、2014年のパリモーターショーでコンセプトモデルが初登場。その後、2015年のフランクフルトモーターショーで5ドア仕様のコンセプトが公開され、今年3月にスイスで行われたジュネーブモーターショー2016にて、現在の量産モデルが正式発表された。その際は、エクステリアデザインのみが公開されたが、6月にイタリアで開催されたミラノデザインウィークでは、欧州仕様車のインテリアを初公開している。

今回、29日から開幕するパリモーターショー2016では、エクステリア/インテリアデザインはもちろんのこと、これまでその姿が明かされていなかったパワートレインなど全てを公開予定。

C-HRは新型プリウス(4代目)に続く、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)を導入し、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」などの先進技術を搭載したモデル。

デザインは、トヨタの米国・欧州のデザイン拠点とトヨタ自動車のデザイン部が協力して開発。

ボディサイズは全長4350×全幅1795×全高1555mm(ガソリンモデルの全高は1565mm)、ホイールベースは2640mm。

モデルラインアップには、1.2リッターガソリンエンジン、2.0リッターガソリンエンジンとハイブリッドの計3モデルが用意され、、直列4気筒1.2リッターターボモデルは、最高出力85kW(116PS)/5200-5600rpm、最大トルク185Nm(18.9kgm)/1500-4000rpmを発揮し、組み合わされるトランスミッションには6速MTとCVTが設定されている。駆動方式は2WD(FF)と4WDを用意。

直列4気筒2.0リッターモデルは、最高出力110kW(150PS)/6100rpm、最大トルク193Nm(19.7kgm)/3800rpmを発揮し、トランスミッションはCVT。駆動方式は2WD(FF)。

そして、ハイブリッドモデルでは、最高出力72kW(98PS)/5200rpm、最大トルク142Nm(14.5kgm)/3600rpmを発生する直列4気筒1.8リッターエンジンと、最高出力53kW(72PS)、最大トルク163Nm(16.6kgm)を発生するモーターの組み合わせ、駆動方式は2WD(FF)となる。

最終更新:9/16(金) 20:00

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。