ここから本文です

AAA宇野実彩子と伊藤千晃「ぷよぷよ」夢中になりすぎて「撮影そっちのけ」

MusicVoice 9/16(金) 13:50配信

 男女7人組パフォーマンスグループ・AAAのメンバー、宇野実彩子と伊藤千晃が結成したユニット「MisaChia」が、セガのゲーム「ぷよぷよクロニクル」のプロモーションキャラクターに起用され、15日、千葉市美浜区の幕張メッセで開催されている『東京ゲームショウ2016』のイベントに出席した。伊藤は「小さな頃から自宅で遊んでいました」と『ぷよぷよ』愛好者であることを明かし、実際にゲームをステージでプレイ。宇野はゲーム初心者ながら、プロモーションビデオ撮影時に「撮影そっちのけになってしまいました」と『ぷよぷよ』にのめり込んだエピソードを紹介した。

【写真】イベントに出席したAAA宇野実彩子と伊藤千晃

 東京ゲームショウは、国内最大級のゲームイベントで、15日・16日はビジネスデイとして企業向けへのイベントが、17日、18日には一般向けにイベントがそれぞれ開催される。今年は国内外のメーカーなどおよそ600社が出展している。その中のセガブースステージで、25周年を迎えたアクションパズルゲーム『ぷよぷよ』の最新作である『ぷよぷよクロニクル』が発表され、そのプロモーション・キャラクターとして宇野実彩子と伊藤千晃が、ユニット「MisaChia」として登場した。

 『ぷよぷよクロニクル』プロデューサーの細山田水紀氏は今回2人を起用した理由として、昨年12月にスマホゲーム『ぷよぷよ!! クエスト』のCMにAAAが出演していた経緯から「MisaChiaの2人に今回、お願いできてラッキーでした」と説明。

 伊藤は『ぷよぷよ』について「小さな頃から自宅で遊んでいました。とにかくキャラクターが可愛いので、女の子の私でもその世界観に入りやすかったですね」と幼少期から親しんでいることを語った。

 宇野は「25周年ということですし、そんなに長い間、愛される、知らない人がいないほどのゲームはないんじゃないでしょうか? 私はゲーム初心者なんですけど、やってると爽快感があって、リフレッシュするためにやってます」とストレス発散にもなることをアピール。

 この日はプロモーションビデオ映像を初公開。楽し気にゲームをプレイする2人の様子が映し出された。宇野は「楽しみ過ぎて目が寄ってます、顔が隠れてます、とか言われて(笑)撮影そっちのけになってしまいました」と撮影時のエピソードを明かした。

 プロデューサーの細山田氏はAAAの10月5日発売の52枚目のシングル「涙のない世界」のカップリング曲で、MisaChiaが歌う「Jewel」がタイアップ曲に決定したことを伝え、「プロモーションビデオ、めっちゃ観てます」と同曲がお気に入りであることを明かした。

 ステージでは、伊藤が実際にゲームをプレイ。緊張する、と言いながらも「楽しい~」と叫び、夢中になっていた。隣で見ていた宇野も「見てるだけでも、スカッとしますよね」とコメント。

 最後に宇野は「『ぷよぷよ』、これから盛り上げていきたいと思います。ゲーム初心者の私も楽しんでますので、皆さん一緒にぷよぷよで遊びましょう」と会場に集まった人々に呼びかけた。

 伊藤も「今やってみて、やっぱり楽しいなと実感しました。皆さんも是非ぷよぷよで楽しんで頂けたら、と思います」とゲームを再びプレイし、その楽しさを改めて感じたようだ。(取材・松尾模糊)

最終更新:9/16(金) 13:50

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]