ここから本文です

鳥栖・GK林「敗戦を次に生かす」 難敵攻略、守備が鍵 あす17日、ホームで広島戦

佐賀新聞 9/16(金) 10:57配信

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第2ステージ第12節の17日午後7時から、佐賀県鳥栖市のベストアメニティスタジアムでサンフレッチェ広島と対戦する。ステージ優勝を目指す上で負けられない一戦。第1ステージで完敗した“難敵”をホームで下して、優勝争いに食らいつきたい。

 鳥栖は前節、浦和に0-2で敗れた。第2ステージは6勝3分け2敗(勝ち点21)の6位となり、優勝争いから一歩後退。年間順位も11位に落ちた。

 広島は第2ステージ5勝2分け4敗(勝ち点17)の8位。前節は大宮と対戦し、終始主導権を握りながらも得点を奪うことができず、セットプレーから失点して敗れた。年間順位も5位で、チャンピオンシップ出場に向けては正念場となる。

 第1ステージの対戦では、鳥栖が前半開始直後の失点でペースをつかまれ、0-3で敗れた。FWピーター・ウタカに2点を決められ、攻撃陣もシュート1本と攻めあぐねた。

 次戦もウタカには要注意だ。広島は浦和と同じようなシステムで戦ってくるため、DF藤田は「広島は連係力が強い」と警戒、GK林も「浦和戦の敗戦を次に生かす」と燃える。またMF高橋は「相手の3バックを引き出し、両ワイドが出てきた時の裏のスペースをしっかり狙いたい」と意気込む。

 いずれにしろ守備陣の奮起が勝敗を左右しそう。藤田は「前半戦の大敗は誰も忘れていない。内容はもちろん、結果にもこだわる」と闘志を燃やす。

最終更新:9/16(金) 10:57

佐賀新聞

スポーツナビ サッカー情報